こころ穏やかに

春です、春です!こどもたちが元気いっぱいです!!笑

〇君が嬉しそうに「〇君ね、〇君ね(←自分のことですね)、パンケーキ焼くんだよ!あげないよ!」と嬉しさがあふれて目を三日月のカタチにしながら言ってきました。
とってもうれしいんだね、楽しみなんだね、教えてくれてありがとう。

いつもアトリエの中は元気パワーで満ちています。私もピッチピチになっていると思います。笑

そして・・・「この間〇〇さん、死んじゃったんだよー」と、死が日常の方たちと平日は過ごしています。ゆっくりと時間が流れています。私もゆっくりとお話をします。

なんというか、人と関わるってもう年齢など関係ないなぁ、と思う次第です。
世代とか年代とか、人と人とのつながりの中において線引きはないなって。
大人だとかこどもだとかそんなの関係ないよ、人と人となんだよって。
少し味気のない表現にすると個体と個体なだけ。そのままなんです。そのまんまをあるがままに。そうして共に過ごす時間は、こころ穏やかです。

本を読んだり一生懸懸命に考えていた時より、スーッとわかる。(本を読むことも考え抜くことも大切です)
やっぱり身体(こころ)から得たことって、自分の中に深く入り込んでくる。
そうして得た感覚は、生きていく中での必要な感性になるんじゃないかなって。

だから子どもたちにはぜひ、手を、足を、体をたくさんたくさん使って欲しい。そして自分の手や足や体にたくさんの体験や出会いをしてもらって欲しい。そう思います。

虹は何色

「先生、虹の色の順番ってどうだっけ?」そんなことがありました。
好きな色で塗ってもいいんだよーなんて言ってしまいましたが、

ふしぎだと思うこと これが科学の芽です。よく観察してたしかめ そして考えること これが科学の茎です。そうして最後になぞがとける。これが科学の花です

朝永振一郎さんの「科学の花」。恩師(德田先生)から頂いたことばです。大好きな詩です。

虹は何色?水は?海は?空は?一言では伝えられません。
空は、たくさんあります。「空」はひとつではありません。
(※詳しくなるともうこれまた大変なことになるので大きくとらえて)

本当に本当のことを言うと身の回りのものすべてはひとつではありません。
私がはめているこの時計もメーカーが工場で大量生産していますが、同じではありません。
自然科学も絵を描くことも、どちらも「よく見る」ことから始まるので・・・、
よく見るには、しっかりと外に向かっていくことができる丈夫な心を育てなければいけないんじゃないかな、なんて改めて自分に言い聞かせて。

 

ふしぎ
金子みすず

わたしはふしぎでたまらない、
黒い雲からふる雨が、
銀にひかっていることが。

わたしはふしぎでたまらない、
青いくわの葉たべている、
かいこが白くなることが。

わたしはふしぎでたまらない、
たれもいじらぬ夕顔が、
ひとりでぱらりと開くのが。

わたしはふしぎでたまらない、
たれにきいてもわらってて、
あたりまえだ、ということが。

そして

おもうように、のびのびと。
解き放つのと、勢いや感情まかせは違うというのと
大切だなとか愛おしいなとか美しいなとか。
外にいたり内にいたり、
とても広い広いところにいたりするその瞬間と同時に自分の部屋にいる自分と
大は小なり小は大なりってよく言ったものだと思いました。

北欧に行きたい

ニルスの不思議な旅が大好きだったし、きっと自分もいつかアッカ隊長と旅で出れると信じてたし、大きくなったらラップランドに行くつもりだった。勢いあまってスウェーデン大使館に電話までした覚えがある。たしか「スウェーデンに行くにはどうしたら行けるのか?言葉はどこで学べるんだ?」といった内容だったような。こどもだったとはいえ・・・。ジョリーも大好きだったなぁ。

今も自然の中で暮らしたいと思っています。

備忘録

閑散期にて終了(休ませ期間)

繁忙期には大変お世話になった新築マンション工事現場。
ここそこあそこのお部屋の中には、私たちの埋め後があるわけです。いわゆる地図に載るお仕事(大袈裟)のひとつなのです。と思いたい。
あんなことやこんなことがあったなあ・・・・。
共通して言えることは、みなさんトイレの扉を閉めないで用を足す、でしょうか。
「男の人は、3歳児」というのをしみじみと感じる毎日でした。

職人のみなさんは筋が通っています。気持ちがいい人たちです。ぐちゃぐちゃ言わん。そして優しい。で、面白い!!
クロス屋さん(クロスやぶってごめんね!お互いさま♡)、ゆか屋さん(交換だしてごめんね!)、石屋さん、クリーニング(お部屋を綺麗にお掃除します)屋さん、塗装屋(寒~いとか言ってごめんね!しょんぼりさせちゃってごめんね!)さん、大工さん・・・・。色々親切にしてくださってありがとうございました。監督さんたちもありがとうございましたー!(秋冬復帰するかなーどーかなー→しない。)

元プロレスラーとか元アニメーターとか整体師とか俳優とかお笑いとかバンドマンとかゾンビ映画を撮っている人とか、うん。そんな感じでした。女子は美人が多かった!
荷物が重いのが難ですが(計ってみたら10キロほど)
いやー楽しかったです。みなさん、ありがとうございました。

また学習関係のお仕事に戻ることになりました。楽しみ!ワクワク!
点と点が線になりました。

ちいさいひと

よく知人などに、「子ども相手って大変じゃない?」とか「どう話していいのかわかららない」など言われます。
そうかー。まぁ、
こどもですが、一人の人間です。ですので一人の人間に対して失礼のないように気を付けていればいいんじゃないかなぁーなんて。

こども造形教室で過ごす時間は、週に一回だけれども、とても楽しい時間です。

 

佐川光晴さんの「大きくなる日」。
まだ途中だけれども、好きな本になりました。丁寧に生きている。涙が止まりません。

歌声喫茶

ひとりが歌いだすと一人、またひとりと
皆で合唱になります。(作業している手は動いているので、そこは関心します。)
とても好きな光景のひとつです。
校区が違っていても、知っている歌はおんなじなんだね。

幼児クラスさんは、セロテープを切るが難しかった様子。「んん~~~~!」ってちぎっていました!
始めの頃は、はさみも難しかったのにもう上手です。だからセロテープも大丈夫、大丈夫。

小学生クラスでは、「んも~、先生ーー、じゃ~ま~~~」って言われちゃいました!笑。
あらあら、ごめんごめんっ!あははははは。

3月

暖かな日々が続き、春の訪れを優しく感じます。
3月はお別れの季節です。
造形教室のおともだちも、ご事情でやめていく子もいます。
さみしいです。
今月でさよならなんだなぁ。。。なんて思うと、はさみを使う手や何気なくしてくれるおしゃべりに、なんとも言えない気持ちになります。

またどこかで会えますように!のびやかに健やかに。

情報交換

「100円均ショップのカラースプレーはいい!」と熱い目でハンサムガールの先輩から情報を今さっきいただきました。
アイカ持ち歩くより軽いので楽、というわけです。(小さいから)
同業他社さんもそれについて「お店によっては艶なし白もあるらしくて、出会ったらまとめ買い!」との評価です。
それがまた、絶妙にいい艶なしらしいんです。棚の扉裏に最適らしいんです。
とある先輩は塗装なのに物凄い軽装軽量の荷物、しかも自転車で現場に入るという猛者。
そうなるともう研究熱心な方もいたりして、以前ハードワックスも自分で作っていた人がいたらしい。
「添加物の配合と割合がわかりましたーーー!!」という熱いメールが届いたこともあったそうです。
補修屋雑談。

ボンド犬

仕上げにボンドを塗って、ガムテープがはがれないようにします。
なので、仕上げの時に「ボンド犬、ボンド犬」と皆で呼んでいました。


新聞紙とガムテープでできています。
コツは、初めに新聞紙を1回くしゃくしゃにして広げてから改めて形を作ること。
くしゃくしゃにしないで丸めたりしてもぺったんこになってしまいます。
あと、足は体の側面につけると良いようです。

「せんせーーい、ガムテープちょうだーーーい!」「ガムテープなくなった~」と催促の声の中、
「はーい、ちょっと待っててねー」と、大きい先生とガムテープを沢山切ってテーブルの端に並べていきます。
アトリエも人数が増えてきて、そろそろお引越し?

かわいい!

2018年展示作品

みんな頑張った!!

※作品の一部

ひとりひとりと相談をしながらの制作です。
何週間もかけて頑張りました。お休みなどの都合で、時間が足りなくて制作した作品もあります。
それでも、みんな作品の中に浸ったり、作品と遊びながら物語が生成されていくのを楽しんでいたり。
一緒に描きたくなっちゃうのですが、気持ちを抑えて、スタッフとして相談役に徹する・・・辛抱です。

ー広い大地の小さな種から元気に芽が出て ふくらんで
みんなの心の中の
おおきな木
そこに自分の姿を重ね合わせて
好きなもの いつもそばにいるものも
一緒に描きました
おおきな木と
おおきな木がいるその世界
是非ご覧ください―

アトリエ主宰者より

人間は、身体的な活動を欠いてはいけない、そう思います。
からだを通して得た情報というのは大切だと思います。
それは生物としての最大のテーマ「生き抜く」になくてはならないから。
もちろん考える力も欠かせません。・・・即死です。(私のことでしょうか)
文化的な活動は素晴らしいです。創造は生きる力を与えます。
でも。まず生物としても生命力があってのこと。
私たちは間違いなくこの自然の一部であるということを私は忘れたくはありません。
今この瞬間も息を吸って吐いているのは、この私でもあり全体でもあるのだなぁ、と。