もし創造的なチカラを必要としていたら、死ぬほど紙(私は大学ノート)に鉛筆またはシャープペンシルで文字を書くのを試してみてもいいかも知れません。

もっの凄い量の文字の書き写しをすると、アタマの中で何かと何かの反応が起こるような気がします。

私の経験だから個人的かも知れない。
もう少し調べてみよう!

生き抜く


今のことろ人生で一位の曲。

私が大切にしていること、美しいと思うこととぴったりする。
この体当たり感、疾走感、生もの感、それぞれ感。そして伝統と埃と土と肌。

生き抜けるように育てることが、おとなの役目だと思います。

ひさしぶり

「ちょっと待って!ちょっと待って!今、用意するからっ!」
トマトを食べる前に、麦茶を汲みにいく小学1年生男子。
流し込み作戦か、味を消すためなのか。
頑張っているので見守ったよ。
「、、、、すっぱかった!」だそうです。

ふと

なんていうのかな。
毎日毎日、沢山の時間を一緒に過ごしていたら、
そりゃ情もわく。
3月で半分くらいの子たちとお別れなんだよね。

なんとも言えない気持ち。

こらー!ジグゾーパズルのピース、2こ足りないぞ!!!

わーーい

体力が限界の最近。弱気。
でも、さっきちょっと気になって気になって仕方なかったライターさん(と言っても仲間うち)とフェイスブックでお友達になり、単純にもうかれています。
やったーーーーー!いろいろ相談したり、情報交換したりしたいと思っています!

出直したいな!

さっき作ったよ。ほんなこつ、腕くらいしか動かせんです。センスないなぁ。
切り抜きがすごく面倒くさい。

最近は絵を描く気力がないから加工。やめようか。そんな岐路。

嘉門達夫

ちゃらら〜ん鼻から牛乳〜
はまだ子どもたちに引き継がれているので
嘉門達夫はすごすぎ。

ランランルーを
子どもたちから教えてもらったよ!

「ランランルー!」

「すいすい泳ぐ」

久しぶりに副詞をおさらい。
スリーエーネットワーク発行の日本語文法ハンドブック見る!すっかり忘れてる!笑
当時よく務まっていたなと我ながら思う。

小学生なのに、、、、、公文ってすごいね、、、、。

続・すいすい泳ぐ

思うのは、文法や語彙などの享受いただいた先生がたに恵まれていたこと。
先生はことあるごとに「ほら!おもしろいでしょっ?」と本気で言っていた。
実は入学当初の私は「主語」「述語」さえわかっていないような人でした。
品詞って?恣意的って?ナニナニ?の連続。
そんな私が、学ぶってこんなにも面白かったんだ!凄い!と心から学ぶ喜びを感じるようになっていました。
先生たちが本気で学問を「面白がっていた」から。絶対に伝わるんです。

勉強は面白い。
100点とれなくてもいいんです。
大切なのは、
自ら問いを立て、それについて調べて、こうだろうと推測して決断し、検証する。
それを重ねて重ねて層になった時に、自分の意識下ではないところから、それらが反応をして
閃きやアイデアが生まれるんだと思います。

独習できるように導くことが、教師の勤めであり喜びだと思います。

こども絵

悟空のモノまね上手だったよ!
また遊ぼうね。
ケーキがレンガになるとお尻が痛くなって爆発するから気を付けてっ!笑

アトリエのこと

わたしが働いているアトリエは、
本当に素晴らしいと思います。

ずっと通ってみると分かるそのスゴさ。
一回の時間は、ほんの数時間かもしれないけれども、
その中には沢山沢山素晴らしい試みや考えが詰まっていて
改めて、ああ素晴らしいところで働けて私はついている、としみじみ思いました。

にしても、ここのところ私が忙しい!!!

講師

その昔、「ヒールは履かない。」
と教えられました。
カツカツと言う音が
集中の妨げや威圧感を与えるからということかでした。

なので
アドバンテージをとる場合など
逆として利用するとも。

この年で

もうね、母乳が溢れるわ。(出ないし)
くちのまわりにチョコクリームをたくさんつけて、美味しそうにチョコケーキを食べるみんな。
「あのねあのね、、、」って、こっちを向いてまっすぐに見て話している姿。ご機嫌なんだね。

そして。かわいいだけじゃなくて、普段ダメな事はちゃんと注意もするのも私たちの責任。それは簡単なことではありません。

でも、そんな中、いつもおやつの時間には母乳がでそうになるー!

うーん、4月はお別れの季節。
誰一人とも、お別れしたくない。

千里眼はあると思うな。

澁澤龍彦さんの東西なんとかなんとかにも書いてあったような。違ったかな?

今日から給食なし。お弁当を忘れずにね^ ^