ふと思う。

こどもたちとの時間は本当に、なんというか、凄い時間をもらっている。

彼らはこれからもドンドン大きくなる。大人になる。
でも、その姿を見ることができない。それが残念なんです。

秋開催予定のこどもワークショップ

私のあまりの体調の悪さに、職場から「どうぞお休みください」電話があったので、
本日、自宅療養?

そして今、開催先に提出するサンプルを作っているんですが、思った。
(マリコ節でいいんじゃないか?、、、)

ちゃんとした図工は、学校やお稽古先に任せよう。
むしろ今回のワークショップはマリコ節で行こう、と。

ということで、こいつ▼のような工作しちゃおうかな。

お知らせしたい。

なんでしょう?

筒でしたー。

これではありませんが、夏休み企画で8月に「子どもの絵画工作1日教室」を開催します。(@荻窪)
楽しみ楽しみ。もちろん親子参加OK!

これは、プリン●ルスの空き箱に貼ったり塗ったりしただけ!笑

続き

でね、運動会の続き(1週間前)なんですけども私は本当に感動しました。
すぐ泣くのは承知のことなのですが、、、、、。

ただただ素直に一生懸命に走っている姿と表情を見て「ああ、これなんだよね」と改めて深く私に入ってきました。

その時その時を夢中に生きる。先も後もない。この状態が一番いい。

(そして彼らはいろんな人の期待を素直に背負って頑張っていた!なんつーかもう抱きしめたい。)

もうすぐ1年が経ちます。

この人は私の作品(絵)を知りません。
でもイメージとして真っ先に色の黒が「オレオレ~~」って主張してきたんですって。笑
私は5角形らしい。
そうそう!初対面でいきなり作ってもらったので、私の名前もしりません。
そしてふたり寝袋で寝ましたね。朝食がとてもおいしかったですね!

田原みなちゃん、お元気ですか?(フェイスブック見てると元気そう笑!)

「だって女の子だもん✨」

横浜パシフィコ「ハンドメイドマルシェ」に行ってきましたー!
お目当ては、以前に私の快画塾に参加してくださったデコパッチ作家のさかもとゆきさんのピアスです!
https://www.pacifico.co.jp/visitor/calendar/tabid/231/pdid/61677/Default.aspx

うわー、うれしい!
ホント可愛い!

何回も言ってるけど、こう見えて可愛いモノ好きなんだってば!

気をつけていること

その時その場にも
物語や舞台がそれぞれあって
それに橋をかける作業を大切にして、
注意深く入ってみる。
心から楽しむぞ、となると心から楽しめる。
その世界、物語への礼儀作法は
無邪気さや素直さ、調和や融合を意識して楽しむことかなと感じています。

で、出来ない時
そんな時は
ただ「あ、そうなんだ」と認めます。

NO.931

あ。消しゴムのカスがうつりこんでいる。
私はガッシュよりアクリルカラーが好きです。
でも、なぜか顔料が好きです。
もっと好きなのはタッチアップです。
ケーニッヒが好きです。(お高い~泣)

お誕生日は6月6日6時。

ダミアン?
お友達は、キンクマハムスターのキンちゃんだよ♡

【創造性の活性化1DAY講座】
夜行バスに揺られて9時間。
寝不足と疲労、空腹(前日の晩からほぼ食べていない状態)にもかかわらず、
私は7時間があっという間に過ぎました。

全体的に良い講座で、神戸まで行ってOKでした。
講評がないのも講座の趣旨に合っていて良いと思いました。
あれで講評があったら「わたしが」の「が」の心が強くなってしまいますもんね。

作品展開(自己・この私の物語)としてトリックスターをみずから呼び寄せる、というのも
大賛成です。(問題提議)
私もしていたので、先生のお墨付きをいただいたようで嬉しい。

類推ー増殖の活動での崩す行為は、スイッチですもんね。
私は「キュピーーーーン♡」ってキワのスイッチ入れます。
それはちょうどマニュアル車のギア切替に似ています。
高速を走っている時、頭と身体は凄く冷静、でも
アドレナリン出っ放しですよね?
「はい、1速~2そ~く、はい、3そ~~く、はいはい!4速きたよ~~~!トップいれまーーーーす!」

講義内容がかなり聴講する価値あり、でした。

ありがとうございました。

※ユーサク&ハヤシさん&ミゾカワさん、おつかれさまでした。

質-TATI-

ちなみに私のローマ字表記の基準はに日本式です。
「し」はSI、「ち」はTIです。ヘボン式?あまりしない。

絵を描いていてつくづく思うのが、「偶然の産物」だな、です。
それを踏まえた上で作風とか私らしいとかを考えるともう絵とかなんとかいうより
「質」だな、と思うんです。

わたしゃ最近は白黒にメインで描いています。
色を塗るのが苦手&面倒くさいというのもありましたが。

で!この、この面倒くさい。

これこれ、まさに私の性質なんです。
まぁ、正直に逆らうことなく突き進んだ結果、今の画風になったと。
(手を伸ばして届く範囲にあったコピー用紙と鉛筆で制作。私は1ミリも動きません。)
しかし面倒くさいとは、いったい何様でしょうか。

そしてもうひとつ。これもよく幼少時代から言われていました。
滑稽、ファニーです。
本人はいたって大真面目なんだけどどこか漂う滑稽さ。ううう。
高校時代言われたことが「まりこの絵って、怖さの中に笑いがある。」でした。

だから、画材とか技巧とかから見出すのではなくて、自分の質にフォーカスした方が良いな、と
今朝、目が覚めて思いました。

なんでこんなことを書いているかというと、最近大好きな先輩に「やはり差し色くらいはあった方が、、、」とアドバイスを
頂きましてそれから試行錯誤の日々。
プラス、いやらしいことにドローイングのWSを開催してるから、”如何にも”なドローイングも描いた方がいいかな、なんつって。

そこから思考が迷子(私はどんな画風なんだ?何が向いてるんだ?)。

絵って足掻きますね。だって私、仙人じゃないし、達観もしてないもん。欲深だもの。

運動会

いい天気です!運動会です!
用事のため午後からしか行けなかったよ。
1,2、4年生さん、ごめんね。

3年生さんのダンス、うんうん!
5年生さん徒競走。
6年生さんの組体操、おお!〇ちゃん、旗ふってる。
リレー選、おおおお!!!
〇〇と〇〇と〇〇と〇〇!(卒所した子たち)
「見に来たよ、頑張れ~~!」
「うう、、、、まりまりー、プレッシャーだよう、、、」だって!笑

みんな頑張ってる!がんばれーーーー。

マリコ多分4歳。

最近親方が幼少時の作品をお披露目してるから、まねっこ。

ご案内をひとつ

ドローイングのワークショップのお申込みの時にいただくご質問が
「こども向けの講座ですか?」です。
たしかに、そう聞きたくなるお気持ちわかります。
私の日々のブログやフェイスブックには、子どもの記事ばかりですもんね。

ご安心下さい。
ちょっと前までは、ご年配(60代~80代)にパソコンとスマホの使い方をお伝えするお仕事をしていました!(倒産した)
もっと前は、私費留学生相手の日本語のお仕事でした!(給料激安)
ちなみに新築マンションの工事現場でも働いていました!(ご安全に!!)
今は子ども相手です!

もう、老若男女のみなさま、ご安心していらして下さい!笑

最近は、もう何も出ない。なぜならば!平和だから。
インプットしないと。

こどもたちは毎日元気いっぱいだし。(いや、それなりに問題は起こるけど)

「春巻き春巻きぃ~~~」「かっぱかっぱかっぱぁ~~」のレベルの言い争いだし。ここは平和だ。

「、、、、先生、、、うんち出そう、、、」とか。平和だ。

※ちょっと前のあのひどい風邪は、厄払いだったのか。