どだい、頭の中をカラッポに、、、なんてできゃしません。
なのでひたすら視線は線を追う、描く追うの繰り返し。指さきは鉛筆の芯先。わずかな角度の違いにこだわれ。