疲れている。

シャワーを浴びながら、だいぶ前のことを思い出した。

知り合ってまだ間もない40歳年下の男に「まりこ!こっち見てよ。」と言われ、
(呼び捨て、、、、彼、私のこと好きなのかしら、、、?)と思いながらも悪い気はせずに言われた方向を見る。

彼のコレクションの中で選りすぐりの白いスポーツカーが走り出す。
滑走路をまっすぐに、色とりどりの積み木の上を走る。

そんな彼は真面目さん。
今日はお友達に「〇〇しようーぜ」とちょっぴりルール違反な甘い提案をされ、
「やめておくよ。だって僕いやだもん、なんかルール守らないのなんか嫌だもん。」と丁寧に自分の気もちを言っていました。そしてまだまだお手々をつなぐのも大好きのようです。