ふと。

これを描きたいなと思う気持ちになって、
そうするとよく見るから、ああ、こんな色だったんだ、ここにこんな模様があったんだ!面白いカタチだなあとなる。
それだけでもめっけもん。楽しい。

丁寧に優しい気持ちで描いてみる。
私は何を大切にしているのかなあとか、
出来上がった作品から掬い上げてみる。

作品の良し悪しは、どの立場から見るかで変わるけれども、つくる姿勢、描く姿勢は作品に滲み出るんじゃないかな、と思います。
究極、それぞれの人としてのカタチが出ると思います。
だから、こころをそのままに置いて素直に描いたものには愛おしさがわくんです。